都道府県一覧

岐阜県産婦人科医会

会長挨拶

────────────────── ごあいさつ 東京産婦人科医会 一般社団法人 彦 和 合 落 会長 9月の同法施行とともに東京都医師会に優生保護法 同年、6月に優生保護法が成立し 23年 昭和  。464名の指定医師が誕生しました 11月には 同年、指定医師審査委員会が設置され が)」東母(東京母性保護医協会「2日 12月 この優生保護法の適正な運用をはかるために同年  初代会長は東京女子医科。の起源であります」東京産婦人科医会「これが現在の。創設されました 中山安の、樋口一成、中島精、また常任幹事として森山豊、大学学長の久慈直太郎先生が就任され 。錚々たる先生方が会務をこなされました 谷口弥三郎先生を会長として全国の優生保護法指定医師で組織する日本母性、4月 24年 昭和  、以降。東母の久慈会長も日母の副会長として参画されております、が創設され)日母(保護医協会 首都、今日に至るまで東京産婦人科医会は日本産婦人科医会の東京支部として機能してきた一方 。発足当時から独自の諸事業を展開してまいりました、圏における特殊性もあって わずか半年、2代会長に就任されましたが 39年からは日本大学教授の橋詰一男先生が第 昭和  2年ま 3代会長として平成 40年慈恵医大教授の渡辺行正先生が第 で急逝されたこともあって昭和 、第4代会長として木口駿三先生、その後。25年間の長きに渡って会の発展に尽力されました での 第8代会長、第7代会長小林重高先生、第6代会長大村清先生、第5代会長として厚木斉陽先生 。町田利正先生へと引き継がれてまいりました 。9代会長としてお世話させていただいております 4月から私が第 22年 平成  の適正な運用をはかるための職)」後の母体保護法(優生保護法「本会の創設は、このように  、その後の社会の変遷に呼応して学会と協調した生涯教育や医療経営、能団体ではありましたが 保険診療の適正な運用など幅広い活動を、医療事故調査など社会活動全般についての支援事業 行政からの調査依頼も増えており、日本産婦人科医会や東京都医師会。おこなってまいりました 。東京独自の事業を展開してまいりました、前述したとおり発足以来、ますが 東京都。による子宮がん検診事業があります」東母方式「43年から開始された その中に昭和  その積み。予防医学協会の協力のもと東母会員による検診事業は現在もなお継続されております 今後も発足当時の。4年日本医師会最高有功賞が受賞されました 平成、重ねられた実績に対し 。より精度の高い新たな検診体制の確立にも尽力したいと考えております、精神を引き継ぎながら 1200名前後と減少 現在会員は、1600名を超える会員数を擁しておりましたが 60年代には 昭和 。しました 。東京における少産少子化は最も深刻であります、会員の高齢化は全国的な問題でもありますが  東京産婦人科医会としてはこれらの状。産婦人科の診療形態も従来とは大きく変容しております 従来からの事業に。4月から一般社団法人として再出発をいたしました 27年 況を踏まえて平成 法人化の大きな理由では、行政や医師会との連携した事業の割合が増加してきたことは、加えて それ以上に組織としての責任を持った社会活動が求められるようになってきたから、ありますが 。であります 魅力ある。会員各位の協力が必要不可欠であります、法人組織としての組織強化のためには  次の世代へ継承してゆくことも大きな使命と、新たな会員を発掘し、組織を作ることによって ご支援を重ねてお願いいたしましてご挨拶とさせて、会員の皆様のご協力、考えておりますので 。いただきます

東京産婦人科医会 会長

落合 和彦

役員一覧

会長 医会 産子 ○○病院
副会長 医会 産子 ○○病院

近畿産科婦人科学会構成

理事

名字 名前 名字 名前 名字 名前 名字 名 名字 名前

日産婦学会委員会

名字 名前 名字 名 名字 名前 名字 名 名字 名前

事業計画

事業報告

求人情報

お知らせ