生理(月経)の前になると、憂うつになったり、おなかが痛くなったりするのはどうしてですか?生理(月経)がはじまると消えるのはなぜですか?

生理(月経)の前になると、憂うつになったり、おなかが痛くなったりするのはどうしてですか?生理(月経)がはじまると消えるのはなぜですか?

月経前症候群という病気が原因している可能性があります。月経周期に伴うホルモン変動が主要因と考えられています。

 月経開始の3~10日前からはじまる精神的、身体的症状で月経開始と共に減退ないし消失するものを、月経前症候群:PMS(premenstrual syndrome)と言います。症状は多彩で、イライラや憂うつなどの精神症状、下腹痛や頭痛、むくみなどの身体症状、食欲の亢進や傾眠などの行動の異常などがみられます。家庭生活への影響や学校・仕事を含む社会生活への影響の大きさから、無視できない疾患となっています。精神症状が特に強いものを月経前気分不快障害:PMDD(premenstrual dysphoric disorder)と呼びます。
 正確な原因のメカニズムはまだ不明ですが、排卵後の女性ホルモン、特に黄体ホルモンの産生と消退が要因となっていることが推察されています。
 現在ではさまざまな薬物療法があり、症状の軽快を得ることができますので、専門医への紹介をお勧めします。
 

詳しい解説は、「学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル」をご参照ください。

「学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル」申込用紙