生理痛(月経痛)の原因とその対処方法を教えてください!

生理痛(月経痛)の原因とその対処方法を教えてください!

月経血を子宮から体外に排出する過程で痛みが起こります。若年者では器質的な疾患が関与しない機能性月経困難症が多いです。

月経痛がひどいことを、正確には月経困難症と呼びます。月経時に日常生活に支障をきたし、臥床・鎮痛剤を必要とする場合を指します。月経困難症を引き起こす、子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患が原因である場合を「器質性月経困難症」と呼び、特定の疾患がない場合を「機能性月経困難症」と呼び区別しています。一般に中学・高校生の月経困難症は後者が多く、月経血排出のために子宮を収縮させるプロスタグランジン(PG)が原因とされています。痛み止めを飲んでも治まらない場合は、婦人科に受診しましょう。

一般に非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)はPG合成酵素阻害剤であるため、原因物質の産生過剰を抑制し効果的です。しかし、我慢をしつづけた後、痛みのピークで耐えかねてからの内服では、すでにPGが多く産生されているので効果的ではありません。痛みを感じたらすぐに、またはいつも強い月経痛に悩まされている場合は、痛みを感じる前の月経開始と同時に服用した方が、その後PG産生を抑制するため効果的です。

また、ある種の経口避妊薬は月経困難症の治療薬として、国の認可を得て、保険診療で処方することができます。これらはlow dose estrogen progestin(LEP)製剤(ピル)と呼ばれ、PG産生の場である子宮内膜の増殖を抑制することで、PG産生を抑制し、効果を発揮します。また月経血のもとである子宮内膜がうすくなるため、月経血量が減少し排出時の痛みは軽減され、過多月経がからだの支障となっている場合にも効果的です。
さらに、機能性月経困難症と考えられる人から将来、子宮内膜症などによる器質性月経困難症に移行するケースがかなり多いことが指摘され、その後の不妊症や癌化の問題も考慮すると、子宮内膜症の発症予防効果を持つLEP製剤を積極的に機能性月経困難症に対して用いることが推奨されています。しかし、ホルモン製剤であるため、使用に際しては専門医の判断が必要です。

詳しい解説は、「学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル」をご参照ください。

「学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル」申込用紙