人工妊娠中絶手術後の、からだへの影響についてや将来の妊娠について教えてください。

人工妊娠中絶手術後の、からだへの影響についてや将来の妊娠について教えてください。

中絶手術を受ける時期は早いほうが手術後のからだへの影響は少ないです。手術後も適切に診察を受けていれば、将来の妊娠についてあまり心配はいりません。

 初期妊娠(12週未満)の子宮内容除去術の場合、医学的な後遺症はほとんどなく、約2週間後には排卵し、約1ヶ月後には月経がはじまります。妊娠中期の手術では排卵の回復や月経の再開が少し遅れる傾向があります。中絶時に適切な治療を受け、術後の診察をきちんと受けていれば、その後の妊娠への身体的影響を心配することはほとんどありません。
しかし、妊娠22週未満のどの時期の中絶手術であっても、手術後に時に胎盤の組織が子宮内に少し残ってしまったり、ホルモンバランスがもどらず子宮内膜の修復が遅れたりする可能性があり、その場合、感染がおきたり、出血が続くことがあります。また、極めて稀ですが、子宮の損傷や、おなかの中の腸管などの損傷が起こるリスクもあります。手術を受けた後は必ず主治医の指示に従って、経過を診てもらう必要があります。

手術後に確実な避妊ができず、望まない妊娠を繰り返し、再度、人工妊娠中絶術を受けるようなことはぜひ避けたいことです。心から望んだ妊娠・出産ができるまでは、低用量経口避妊薬(ピル)を飲むなど、女性自らができる確実な避妊をしましょう。

詳しい解説は、「学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル」をご参照ください。

「学校医と養護教諭のための思春期婦人科相談マニュアル」申込用紙